Python|pip を利用してパッケージを管理する方法|インストール|アンインストール|アップグレード|検索|一覧表示|詳細表示


pip を利用してパッケージを管理する方法について記載する。



インストール済のパッケージ一覧表示 list コマンド

list コマンドで仮想環境にインストール済のすべてのパッケージを一覧表示できる。下記の list コマンドコマンドを実行して一覧表示できる。


・list コマンド

pip list


・コマンド実行結果 例

Package         Version
--------------- -------
numpy           1.21.4
pip             21.3.1
setuptools      56.0.0
...


パッケージの詳細表示 show コマンド

show コマンドで仮想環境にインストール済のパッケージを指定して、パッケージ詳細を表示できる。


・show コマンド

pip show パッケージ名


パッケージのインストール install コマンド

install コマンドでパッケージをインストールできる。install コマンドでパッケージのバージョンを指定しない場合は最新バージョンがインストールされる。また、インストールしたいパッケージのバージョンを指定してインストールすることもできる。


pip では、デフォルトで Python Package Index からパッケージをインストールしている。


・install コマンド

バージョン名を指定しない場合

python -m pip install パッケージ名

バージョン名を指定する場合

python -m pip install パッケージ名==バージョン


また、下記のように複数のパッケージをリストしたpackage_list.txt ファイルを使用して、指定されされたパッケージをすべてインストールすることができる。


・install コマンド

リストファイルを使用する場合

python -m pip install -r package_list.txt


・package_list.txt サンプル

numpy==1.21.4
pip==21.3.1
setuptools==56.0.0


パッケージを最新バージョンにアップグレード --upgrade

install コマンドで --upgrade を使用して、パッケージを最新バージョンにアップグレードできる。


・install --upgrade コマンド

python -m pip install --upgrade パッケージ名


パッケージのアンインストール uninstall コマンド

uninstall コマンドでパッケージをアンインストールできる。


・uninstall コマンド

pip uninstall パッケージ名


パッケージの検索

search コマンドでパッケージのデフォルトインストールサイト Python Package Index でパッケージ検索することができる。


・search コマンド

pip search パッケージ名


インストール済のパッケージリスト作成 freeze コマンド

freeze コマンドで仮想環境にインストール済のパッケージリストを作成できる。このリストを使用して、上記「パッケージのインストール install コマンド」のようにリストファイルで指定したパッケージをすべてインストールすることができる。


・freeze コマンド

pip freeze パッケージ名 > package_list.txt


・package_list.txt サンプル

numpy==1.21.4
pip==21.3.1
setuptools==56.0.0


参考

Python ドキュメント




スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿