エラー原因と対応|JUnitテスト実行エラー java.lang.IllegalStateException: Native library for Attach API not available in this JRE


Eclipseで、JUnitを実行したところ、エラーが発生しました。

ここでは、発生したエラーの内容と対応方法について、紹介します。

開発環境


・Windows 10 64bit

・Eclipse 2018-12(Eclipse 4.10)

・Java 8

・JUnit 4

・JMockit 1.38

発生したエラー情報

エラー情報 - EclipseのJUnitテスト実行出力にて確認

Eclipseでテストクラスを右クリックして、「実行」>「JUnitテスト」を選択して、テストクラスを実行すると、以下のエラーが出力されました。

・エラー情報

java.lang.IllegalStateException: Native library for Attach API not available in this JRE

原因

VM引数にJMockitが設定されていませんでした。

対応方法

デフォルトのVM引数にJMockitを設定します。

1. Eclipseで「ウィンドウ」>「設定」>「Java」>「インストール済のJRE」を選択します。

2. 「インストール済のJRE」画面で、JREを選択して、「編集」をクリックします。



3. 「JREの編集」画面で、デフォルトのVM引数に「-javaagent:C:\XXX\jmockit-1.38.jar」を入力して、「適用して閉じる」をクリックします。






スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿