シェルスクリプト|条件式 まとめ




数値の比較

条件式評価
数値1 -eq 数値2 数値1 = 数値2 の場合、真
数値1 -ne 数値2 数値1 ≠ 数値2 の場合、真
数値1 -ge 数値2 数値1 ≧ 数値2 の場合、真
数値1 -gt 数値2 数値1 > 数値2 の場合、真
数値1 -le 数値2 数値1 ≦ 数値2 の場合、真
数値1 -lt 数値2 数値1 < 数値2 の場合、真


文字列の比較


条件式評価
文字列1 = 文字列2 文字列1 と 文字列2 が同じ場合、真
文字列1 != 文字列2 文字列1 と 文字列2 が異なる場合、真
-n 文字列 文字列の長さが 0 より大きい場合、真
-z 文字列 文字列の長さが 0 の場合、真

ファイルの判定


条件式評価
-f ファイル ファイルが存在する場合、真 (ディレクトリなどは除き、ファイルのみ。例えば、-f work の判定は、work がディレクトリではなくファイルとして存在する場合は真、work がディレクトリとして存在する場合は偽となる。)
-e ファイル ファイルが存在する場合、真 (ディレクトリなども含む。例えば、-f work の判定は、work がディレクトリではなくファイルとして存在する場合は真、work がディレクトリとして存在する場合も真となる。)
-s ファイル サイズが 0 より大きいファイルが存在する場合、真
-r ファイル ファイルが存在、かつ読込可能の場合、真
-w ファイル ファイルが存在、かつ書込可能の場合、真
-x ファイル ファイルが存在、かつ実行可能の場合、真
-L ファイル シンボリックリンクであるファイルが存在する場合、真
ファイル1 -nt ファイル2 ファイル1 の修正時刻がファイル2 より新しい場合、真
ファイル1 -ot ファイル2 ファイル1 の修正時刻がファイル2 より古い場合、真

ディレクトリの判定


条件式評価
-d ディレクトリ ディレクトリが存在する場合、真



スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿