【裏技】携帯料金の節約術!1年で6,480円節約している方法|ソフトバンク「データ定額サービス」


わたしが、ソフトバンクの携帯料金を1年で6,480円節約している方法を紹介します。

毎月、データ定額サービスの契約を変更することにより、データ定額サービスの利用料金を安くしています。
(ただし、注意事項があります。下記「注意事項」を参照。)


わたしは、ソフトバンクのスマホを利用しており、

・スマ放題
・ギガモンスターデータ定額20GB

の契約をしていました。

しかし、わたしの毎月のデータ使用量は、5GB~8GBです。

ギガモンスターデータ定額20GBを契約していますが、そんなにデータを使用していません。

現在、
わたしが利用できるデータ定額サービスは、下記の5つのサービスです。

・データ定額ミニ1GB  2,900円/月
・データ定額ミニ2GB  3,500円/月
・データ定額5GB  5,000円/月
・ギガモンスターデータ定額20GB  6,000円/月
・ウルトラギガモンスターデータ定額50GB  7,000円/月

※税抜の金額です。

データ定額10GBのサービスがあればいいのですが...。

そこで、ソフトバンクのデータくりこしのサービスを活かし、毎月、データ定額サービスの契約を変更することにより、節約する方法を考えました。

ソフトバンク(softbank)のデータくりこしとは

まずは、ソフトバンクのデータくりこしについてですが、

ソフトバンクには、余ったデータ量を翌月にくりこして利用でき、データ量を無駄なく活用できるサービスがあります。


このサービスをうまく活かして、データ定額サービスの利用料金を節約する方法を考えました。

データ定額サービスの利用料金を節約する方法

わたしは、毎月、
下記のように、データ定額サービスの契約を変更することにより、携帯料金を節約しています。

今月 : 「ギガモンスターデータ定額20GB」を契約
翌月 : 「データ定額5GB」を契約
翌々月 : 「ギガモンスターデータ定額20GB」を契約
...

これを繰り返すことで、1年のうち、6ヵ月間は、「ギガモンスターデータ定額20GB」(6,480円/月)より安い「データ定額5GB」(5,400円/月)を利用することになり、1年間で6,480円の節約になります。

ここで、
毎月の使用できるデータ量は、以下のようなイメージになります。


例えば、今月、データ9GBを使用すると、翌月はデータ11GBがくりこしされて、データ16GBが使用できます。そして、翌々月にはデータ20GBを使用できます。

毎月のデータ使用量が5GB~8GBの場合、毎月の使用可能なデータ量は10GB以上が余裕でキープできているため、問題なく、データを使用することができます。

また、データ定額サービスの契約は、スマホを利用して、My Softbankから変更できますので、手間もかかりません。毎月、わたしは1分程度でデータ定額サービスの契約を変更しています。

ただし、
この方法で節約する場合、
毎月、忘れずに、データ定額サービスの契約を変更する必要があります。

データ定額サービスの契約を変更するタイミングですが、

例えば、請求締め日が10日の場合、

期間「2019年2月11日0:00~2019年3月10日23:59」は「ギガモンスターデータ定額20GB」が適用されていて、期間「2019年3月11日0:00~2019年3月10日23:59」の契約を「データ定額5GB」に変更するには、2019年3月10日20:59までに変更します。
※請求締め日によって、この変更のタイミングは変わります。

注意事項1:ご利用の割引プログラム・キャンペーンへの影響

データ定額サービスの契約を変更することにより、現在ご利用の割引プログラム・キャンペーンが解除となる場合がありますので、ソフトバンク公式でデータ定額サービス変更の注意事項をみて、ご利用の割引プログラム・キャンペーンなどに影響がないことを確認する必要があります。

例えば、

・データ定額ミニ1GBに変更すると翌請求月から月月割りが減額または終了となる場合があります。
・「家族おトク割」は、データ定額5GB/20GB/30GBが割引対象となります。
・テザリングオプションは、利用するデータ定額サービスによって、有料/無料が変わります。

などの注意事項があります。

注意事項2:データ定額ミニ2GBなど、データくりこしされないサービスは利用不可


データ定額サービスには、データ定額ミニ2GBなど、データくりこし対象外となるサービスがあります。

この記事で紹介している節約術は、データくりこし対象外となるデータ定額サービスを利用することはできません。

例えば、

データ定額サービスの契約をデータくりこし対象のサービスから対象外のサービスに変更するケースについて、

データ定額20GB:データくりこし対象
データ定額ミニ2GB:データくりこし対象外

2019年4月はデータ定額20GBを契約しているとします。この契約を変更して、2019年5月からはデータ定額ミニ2GBの契約が適用される場合、

2019年4月のデータ使用量が8GBであり、データ12GBが余っても、2019年5月にこの余ったデータはくりこしされません。


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿