消毒用エタノールでお風呂場のカビ対策


家政夫のミタゾノ 1話で放送されていたお風呂場のカビ掃除の回数を減らす方法を紹介します。

お風呂場のカビ掃除の回数を減らす方法

お風呂場の床ではなく、天井を綺麗に掃除することで、お風呂場のカビ掃除の回数を減らすことができます。

天井はカビが繁殖する盲点の場所です。天井にあるカビが胞子をまきちらし落ちてくることで、お風呂場全体にカビが生える原因となります。上の汚れを落とさなければ足元が綺麗になることはない、ということです。

  1. フローリング掃除用のフロアワイパーにキッチンペーパーをつけます。


  1. キッチンペーパーのモップに消毒用エタノールをかけて天井をこまめに拭くことでお風呂場のカビ掃除の回数を減らします。

わたしは、↓の健栄製薬株式会社の消毒用エタノールを購入して、100均のスプレーの容器に入れて使用しています。


エタノールについて、
無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの3種類があり、販売されてます。消毒用エタノールが消毒効果に優れていますので、それを使用します。

無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの違い

それぞれ含有するエタノールの濃度が異なります。
消毒効果はエタノール濃度が80%前後のものが最も優れています。

・無水エタノール・・・エタノール99.5vol%以上
・エタノール・・・エタノール95.196.9vol%
・消毒用エタノール・・・エタノール76.981.4vol%



vol%はアルコール濃度の単位

無水エタノールは、アルコール濃度が高いため、消毒力もその分強いように思われがちですが、瞬時に蒸発してしまうため、消毒にむきません。消毒ではなく、洗浄力が優れているため、清掃に最も適したものになりますが、エタノール、消毒用エタノールでも十分汚れは落ちます。



消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低い分その場に留まってアルコールの効果を発揮するため、消毒にむいています。

消毒用エタノールと消毒用エタノールIP「ケンエー」の違い

消毒用エタノールには、飲用される酒類と同様に酒税相当額が課税されています。
消毒用エタノールIP「ケンエー」は、エタノールにイソプロパノールを3.7vol%添加することにより、飲用不可能となり免税された安価なエタノールです。手指の消毒、冷蔵庫などの清掃には同様に使用できます。


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿